コアラ村

やさしいきもち

ヴィジットをみたよ

こんにちは、にわです。

 

家族のはずなのに実家や祖父母の家に行くのって不思議な非日常感がありますよね。

特に祖父母の家は不思議です。

見知らぬ街なのに、

もう自分はこの街の住人じゃないのにみんな優しくしてくれる。

居心地が良いようなそうでもないような感覚。

こないだみた「ヴィジット」という映画も、祖父母の家に行くというお話です。

もっとも一度も会ったことのない祖父母に会うという、

子供心にはかなり大きな事件性をもった旅行ですが。

 

あらすじ

シングルマザーに育てられている15歳の姉ベッカと13歳の弟タイラーは、

祖父母から休暇を利用して遊びに来ないかとの誘いを受ける。

2人はペンシルバニアの祖父母の家で1週間を過ごすことになる。

初めて対面する祖父母に最初は緊張したものの、優

しい祖父母と美味しい料理に2人は大喜びし、すっかり意気投合する。

ただ、祖父母からは、「楽しい時間を過ごすこと」、

「好きなものは遠慮なく食べること」、

「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という

3つの約束を守るように言い渡される。

しかし、夜中になると、家の中には異様な気配が漂い、

不気味な物音が響き渡る。

それに恐怖を覚えた2人は、

開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう…。

ヴィジット - Wikipedia

 

「不気味」とか「恐怖」とか言ってる時点でわかると思いますが、

ホラーに区分されている映画です。サイコな青春ホラーって感じですかね。

現実的な恐怖が好きな人や主人公に感情移入しまくる人なら

かなり嫌な気持ち(褒めてる)になれる名作だと思いました。

 

監督がシックス・センスのシャマラン監督なんですが、

そのせいかオチやどんでん返しに期待しすぎる人が多くて、

「そうでもないじゃん……」てなって評判が寂しい感じになってるみたいですね。

過去の同人誌でナンセンスしすぎて新刊の内容がマイルドになると

「なんかまともになりましたね」って言われて「ごめんて………」みたいな

気持ちになることあるのでこういう評価のされ方キッツイんだよな……。

監督の作品だから観たってわけでも監督のファンでもないのが功を奏するとは。

 

個人的にヴィジットを観る時は

「どこが伏線だ?どこがおかしいんだ?どこがオチに繋がるんだ?」

というメタ的なことにあまり躍起にならずに

両親から離れ祖父母の家に滞在することになった少年少女の時分を思い出して、

主人公たちと同じ視線で観る方が楽しめるかなあと思います。

常日頃から思っている子供に戻っておねショタしたい気持ちを発揮していこうな。

ところどころPOV形式なのはその現れでもあるかなと。

 

あとヴィレッジはジュブナイル映画と言ったように、

主人公とお母さんたちの成長譚でもあるので、

これもストーリー重視の作品として観たほうが楽しめると思いますね。

 

私はよっぽど話が支離滅裂だったりオチが突飛でなければ、

作中で個人的なフェティシズムを満たしてくれたり、

自分の求める怖い・嫌な気持ちになれたらもう満足~~ってなる

手軽な人間なのでヴィジットの終わり方に文句はないです。

この映画の恐怖は主人公の少年少女の視線で見る現実の範囲がメインなので。

あんまりしっくり来なかった人は逆にどうしてほしかったんだろう。

まあ恐怖の原因をはっきりくっきり鮮明に作中でバラしてほしい学派だと

もやもや~~っとなるので、そういう人には不満だろうなあ。

 

ホラーとしてはびっくりさせるシーンも程々にあり、

グロすぎるというわけではなく生理的に目を背けたくなるようなシーンが多くて、

「早く終わってくれ……」という気持ちになれます。

 

部屋の明かりは点けてもいいけどヘッドホンはつけて、

自分は10歳の少年少女だと自己暗示をかけて視聴してね。

 

 

以下はネタバレありの感想なので観てから読んでね

 

 

■ネタバレ感想だよ~

 

※私はショタコンでスカトロ好きの人間なので

もう何が言いたいのかわかると思いますのでまあそういうことです。

 

そもそも傷ついた家族が祖父母の家に滞在して離れ離れになる経験をして

過去を振り切り、またまっすぐに生きるようになる為の愛と青春の物語です。

そこに2人のエクストリーム闖入者が出てきててんやわんやするお話ですね。

 

主人公のベッカとタイラーとその母はそれぞれにトラウマを抱えています。

母は駆け落ちまでしたのに結局浮気をされて離婚したこと、

ベッカは父の離婚に伴い鏡を見ることに恐怖を覚え、

タイラーは緊張症と極度の潔癖症

本人たちもメンタル的はかなりガタガタなはずなのに、

母と祖父母を仲直りさせるために万能薬をつくろうと躍起になります。

優しい子達かよ……。

お母さん思いの子供観るとすーぐ泣く。

 

でまあお母さんは彼氏と豪華客船クルーズに行き、

子供たちは祖父母の家のあるペンシルバニアまで行きます。

祖父母たちは駅で待っててくれたんですが、この祖母がめちゃくちゃ可愛い。

「今日は高齢熟女もののAVを観よう」と即決するくらいには可愛い。

実直そうな祖父と優しそうな祖母に出迎えられてお家に着いて、

ここで生活するための約束事を伝えたりするわけです。

変なのーとか思ってたら夜中に徘徊してゲロ噴射するおばあちゃんや

うんちまみれのオムツを小屋に貯蓄するおじいちゃんがいて

幼気な子供たちは「なんやねんあれ!!!」となるわけです。

姉弟で隠れんぼしてたらお婆ちゃんが

ガチのマジの形相で膝が傷ついたり服が破れることも構わず追いかけてくるとか、

見知らぬ通行人に「こちらを監視している」的なことを思って殴り掛かるとか、

裸で壁をガリガリしたりざかざか駆け巡ったり、

「ああ、頭がヤバイ人達なんだなあ」と思わせる描写がふんだんにあるんですが、

私はこの描写がめちゃくちゃ怖かったですね。

怖いというか、困惑と焦りでしょうか。

優しいはずの人の裏の顔を見たときのような、

身内がそうなってしまって、その現実を受け入れざるを得ないときの絶望のような、

そういう感情でいっぱいになってすごく辛かったですね。

でもそういうのが見たくてホラー映画見てるのでめちゃくちゃ満足なわけです。

でもお婆ちゃんのヌードめっちゃエロくない?

AV観よとか思ってたら作中でもう裸とか出してくれてた。

もう神映画です。ありがとうございます。

 

完。

 

で、タイラーくんは"頭がおかしい"ということは分かっても、

そういう病気であるとは知らないので、

素直に祖父母にどうなっているのかを聞くんですが、

メタ的な視線というかホラー慣れというかCoCやりた過ぎて禁断症状が出てるのか

そういうことを聞くっていう行動自体がもう地雷に見えるので

私はもうガタガタしてました。やめろおおお死ぬぞおおおおみたいな。

そんな予想に反して祖父母は片割れのことを素直に伝えるわけです。

へえ、素直に教えてくれるんだなー……

 

じゃあこれではまだ終わらへんな……

みたいな発想に至るわけで、さらに勝手にガタガタ怯えるわけです私は。お得だね。

 

でまあ医者やお世話になったおばさんとかが来ないだ来てなかったけど大丈夫ー?

という"何かしらの異常事態"が起きていることを

視聴者にやんわーり優しく教えてくれるんですけど

私は察しが悪いのでこのお医者さん可愛い……とかしか考えてなかったです。

ウッ……推理がしたいならCoCやるもん………

察しが良いマンすごいな………

言い訳をすれば祖父母の正体はなんなんやというよりは、

「主人公たちが最後まで生き延びてお家に帰れるか?」ということだけを

気にして観ていたので招待がわかった時はそっか~~~~~!て感じでした。

分かってよかったけどあんまりそこに期待してなかったんですよ。

 

PCののカメラを封印したあたりからこのヤバみが極まっていくんですけど、

何がヤバイって事が露見するのはまずいみたいな正気があるところです。

自殺未遂したり、ベッカの母の人生を童話のように語るシーンで涙を流す祖母とか、

ああいう正気が残っているからこそやっていることがチグハグなのって不気味ですよ。

宇宙人について語るシーンも、宇宙人自体の話もヤバイんですけど

「創作よ」と付け加えているところがキツイんですよ。最高ですね。

 

そういった祖父母の異常性が顕になるにつれて

主人公のベッカとタイラーのトラウマも浮き彫りになっていきます。

特に両親が離婚したのは自分のせいじゃないかというエピソードを語る

タイラーくんのシーンはホントキツかったです。

そんなこと思わなくて良いんだよ………。

 

なんとかしてPCのカメラを蘇らせた2人は、

祖父母に悟られないように母に祖父母の姿をカメラで写すわけですが、

そしたら母が「それ祖父母と違うよ」とか言ってくるじゃないですか。

マジか~~~~~~~~~(ガチ驚き)

これ以上ないSANチェック現場で私の心はウキウキのウキです。

子供だったらもうほんと死を覚悟しますよ。

というかこの姉弟は一瞬にして死を予感し、覚悟したわけです。

 めちゃくちゃ趣きある~~~!!!!

ここのシーンホントのマジで好きです。

PCのカメラじゃなくてもスマホで写真撮って送れやとか

お前スマホとか持ってへんのかよみたいなことは思ってはいけない。

 

こりゃガチでヤバイことに気づいた2人は逃げる準備をして、

裏口からスタコラサッサしようとしておじいちゃんにドアバーン!されて

一緒にゲームをしようと持ちかけます。

今まで一緒に遊ぶなんてこと提案してこなかった人が突然遊ぶとか言い出すの

めちゃくちゃ嫌な予感しかしないし普通に怖いですよね。

普段勉強をしない子が勉強しだすと感動の物語なのに。

遊ぶって概念がないと思ってた人が遊ぶ提案をするのってめちゃくちゃ怖い。

 

そんな死のゲームをしてる最中にベッカは

「バッテリーが少なくなってきたから取ってくるね」的なこと言い出すんですが、

弟を生贄に自分の探究心を満たしに行くようにしか見えなくて正直笑いました。

姉ちゃん……アンタ正真正銘の探索者だよ……。

しかも勝機とか作戦とか0でガチマジの好奇心100%なのが最高ですね。

お姉ちゃんこれ一時的狂気入ってるな……。

 

残された弟は日が暮れておかしさ5割増のお婆ちゃんと

リアルタイムで脱糞してくれたお爺ちゃんに囲まれたり

解放されたり囲まれたりして楽しい時間を過ごします。

お姉ちゃんの探索もさして重要ではない真の祖父母の情報を手に入れて

即座に遺言を録画する気合の入り方

こんなに死への感情と付き合えるとは……最高ですね。

この辺で祖父の口から祖母だと思っていたお婆ちゃんが

嬰児沈めという由緒あるエクストリームスポーツに励んでいたとか語ってくれます。

更には「祖母になる資格はある」とか愛情にあふれる言葉まで。

このセリフめちゃくちゃ怖かったんですけど、

ああ2人はちゃんと愛し合ってるんだなって妙にホッとしたのも覚えてます。

 

そして祖父はお姉ちゃんを寝室に閉じ込め、弟くんとも親交を深めに行きます。

私もこのあたりは楽しかったです。

 

だってお前、

ショタに面と向かって「お前のことが嫌いだった」って伝えた上で

顔面にうんちまみれのオムツ押し付けるんですよ。

この映画は私のためにあるわって確信したね………。

画面の前でガッツポーズしたのは久しぶりです。

 

いや、なんで「嫌いだった」のところがあはれなのかというと、

人に面と向かって好きって伝えるよりも、

嫌いだと伝えるほうが何倍も労力がいるじゃないですか。

それを言われた方もとんでもなく傷つくわけです。

これはもうセックスですよ。(?)

その上で彼が一番恐怖とするものを擦り付けるというリョナ。

嫌いと言う割には彼のことをよく観察していたわけですよ。

やっぱりこれセックスだな…………。

 

Q.うんちまみれのオムツ顔に押し付けられるのは誰でも嫌でしょ

A.当たり前のことを言うな

 

このシーンのタイラーくんなんですけど、恐怖で体が固まっちゃってるんですよ。

一時的狂気の極みって感じですごく参考になったのと純粋にエッチでした。

このシーンの完成度と満足度が高すぎて、私の評価がやたら高いのはアリますね。

なんにも否定出来ない。6割くらいこのシーンです。

 

そんな風に弟がお爺ちゃんと濃厚なプレイをしている中、

お姉ちゃんも負けじとお婆ちゃんと組んず解れつのラフセックスをしていました。

こちらもアンタ嫌いというわけですが、

こちらはどうにも殺意が最初に来ていてちょっと趣味とはずれてるな……

てことでそこまで響きませんでした。

 

お婆ちゃんに背後を取られたお姉ちゃんは、

トラウマの対象であるはずの鏡を見つめ、

それを割って自らの武器として生きるためにお婆ちゃんを殺すという

ロマンとフェティシズム極まる圧倒的成長を遂げます。

生きるために殺すシーンが好きな変態は他にもいっぱいいるはずだよね。

お姉ちゃんは常々常識と倫理を持って行動していたので、

弟よりも先に殺意に目覚めたのはほんとときめきがありました。

 

トラウマ克服からのワンキルという成長をしてSANが回復したお姉ちゃんは

好奇心のために弟を見捨てたんじゃないんだからねと汚名返上をするかの如く

弟を助けにおじいちゃんにアタックします。

肉親の存在を視認出来たことと、お姉ちゃんの頑張りを見て

弟も狂気状態から回復。過去のトラウマをブチ殺すように

自分を奮い立たせ、お姉ちゃんの代わりにお爺ちゃんをぶち殺します。

あああ~趣きある……。

ここ、流石にわざとらしすぎるとは思うんですが、

姉の静止も聞かず冷蔵庫のドアを開閉させて執拗に頭をプレスさせ続けるところは

めっっちゃくちゃエロいので終わったときにはまあいっか!と思えました。

 

いやほんと、

正義側が悪の力を手にして通常の何倍も強くなったんだけど力に溺れかけて

敵を残忍に殺してワハハって笑うところで味方から泣きながら静止してきて

なんとか正気を取り戻すシチュ大好きなんですよ。

アレ的な興奮が有りますね。

しかもそれがただの少年少女ときたらもう満足度が高すぎて

「私、オーダーメイドしてたのかしら……」と思うほどです。

 

お家を飛び出すとそこには多数のパトカーとお母さん。

2人が今回作ろうとしていた映画の通りの場違いな音楽をバックに

姉弟は母の元へと駆け寄っていきます。

このBGMを合わせる感じ最高にベタですけど嫌いじゃない……優しい……。

 

2人はなんとか祖父母の家から生き延び、いつもの平穏を取り戻します。

めっちゃハッピーエンドですね。

ただのバドエン厨向け胸糞悪い映画ならお母さんのところに駆けてる間に

タフすぎるお爺ちゃんが猟銃で弟か姉のどっちかを撃ち殺して、

高笑いしてる最中に警察官から蜂の巣にされて、

生き残った方に癒えないトラウマを残す感じで終わったと思います。

でもそうしないところに監督の趣味とか矜持を感じて割と好感度上がりました。

それと同時に、やっぱりこれは青春映画だわってところに帰結するというか。

 

EDも本当に情緒が安定して立ち直った弟のラップで終わります。

立ち直っちゃったのか………。

お姉ちゃんもちゃんと鏡を見られるようになったし、

ホラー枠でありながら本当にハッピーなハッピーエンドですね。

最初に抱えてた薄暗いものが全部キラキラなものに変わりましたね。

まあ、えーってなる人はえーってなるだろうなあと思います。

私もそっか……元気か……とか思っちゃったし。

 

この映画のホラー部分は

祖父母という通常安心感を覚えうる存在が得体の知れない者になっていることや

自分もこのくらいの年で同じ立場になったら……みたいな

シチュエーションの想像しやすさにあると思いますね。

大人で知見もあるからこそ言えるツッコミとかあるんですけど、

やっぱそういうものがまだ得られていない子供の時分にこうなったら?

って考えたらめちゃくちゃ怖いです。

 

あとはなりすましていた狂人どもがぼんやりと行動していたのもキツイです。

おかしいと思ってないで行動されるのって怖いです。

最後のあれも、

秘密がバレたら嫌だという正気と、シンモフィテリア星に帰すという狂気が

当たり前のように混在しながら存在しているのがキツイんですよね。

そこが好きなんですけど。

ヤバヤバシーンはやっぱりかくれんぼのシーンが一番だと思いますね。

自分だったら恐怖と悲しさとやるせなさで失禁してます。

要は行動に明確な理由があって欲しい人にはやっぱり向かないというか。

 

そんなわけでヴィレッジは

脳内の好きなホラー映画ランキングの上位にランクインするほどには

気に入りましたし、趣深い名作だなあと思いました。

 

いやあ、ほんとショタコンで良かった。

 

おわり